カケメロ3 ダウンロード販売
TOP > アダルトゲーム > title - 憑依ホラーADV『昏き祟りの森で』2012年1月27日にリリース

憑依ホラーADV『昏き祟りの森で』2012年1月27日にリリース

hourglassの第3弾となるPC用ADV『昏き祟りの森で』が2012年1月27日に発売される。現在各ショップにて予約受付を実施中だ。


ホラーサスペンスによる陵辱タイトルを手掛けるhourglassの第3弾は、“憑依ホラーADV”。今作では主人公たちを“憑依して淫らに狂わせる色情霊”が襲い、レ○プ・輪辱・乱交を次々と繰り広げていく。本編の陵辱行為は、目に見えない邪霊に憑依されることにより、本人の意志とは無関係に行われる。なお、それらは指先ひとつ自分の意志では動かせないにも関わらず、意識を持ったまま、ただ傍観しなければいけない。


本作のポイントは、客観的には淫乱さの発露や痴女的に見える行為が、「憑依」というフィルターを通して見た時に究極の精神的屈辱へと変容する様を、ザッピングを駆使して目撃できることにある。各キャラクターの関係やヒロインの設定などは公式サイトを参考にしてほしい。

ストーリー好景気に沸く1991年。東京の私立W大の人文学部に通う主人公・加茂在憲(かも あきのり)は、卒論のテーマに選んだ “摂関政治” に関するフィールドワークの一環として、夏休みを利用して同じ民俗学ゼミに所属する友人の阿部泰親(あべ やすちか)、中宮聖子(なかみや せいこ)、堀河斎(ほりかわ いつき)、そして一行のお目付役として、ゼミの研究員である三条操(さんじょう みさお)、さらには泰親の妹の阿部音羽(あべ おとは)までが押しかけるという大所帯で、目的地であるW県へと向かった。

フィールドワークとは旅行のための建前で、本当はバカンス気分でキャンプ生活を楽しむつもりの一行だったが、ふとしたきっかけから、その土地にまつわる奇怪な現象に悩む地元の人たちと知り合い、相談を持ちかけられてしまう。

一人は建設中のリゾートホテルのオーナーで、怪奇現象が頻発するのを理由にホテルの工事予定が遅れていることを腹立たしく思っているとのこと。

そしてもう一人は、ホテルの建設を請け負っている工事事務所の現場監督で、実際に怪奇現象が頻発するため、作業員たちが怯えてしまっており、工事が進まずに悩んでいる、とのことであった。

民俗学を学んでいるとはいえ、一介の大学生グループに過ぎない一行。

しかしどちらの依頼を受けても宿泊場所や食事の提供は受けられるし、本来の目的であるフィールドワークも進められるので、ある意味渡りに船と気楽に考えてOKしてしまう。

だが、それをキッカケに一行の周囲でも奇怪な現象が発生するようになり、一行は徐々に追い詰められていってしまう。

しかしそれは、真の恐怖の序章でしかなかった……。



タイトル昏き祟りの森で
ブランドhourglass
ジャンル憑依ホラーADV
発売日2012年1月27日
価格9,240円(税込)
スタッフ原画:佳、綾風柳晶、霧島かなえ(SD原画)/シナリオ:葉月博規、Oじろー、猫舎楽、他
同梱特典未定



■関連サイト■
「昏き祟りの森で」公式サイト

タグ : 陵辱系ゲーム オカルト・ホラー系ゲーム hourglass

【P R】
気に入った膣にいきなり中出しOKなリゾート島 3 ダウンロード販売
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
    ショッピングカートが使えるレンタルサーバー