カケメロ3 ダウンロード販売
TOP > アダルトゲーム > title - 「つるみく」の陵辱ADV『HOTOTOGISU(ホトトギス) -滅せぬもののあるべきか-』が8月24日リリース

「つるみく」の陵辱ADV『HOTOTOGISU(ホトトギス) -滅せぬもののあるべきか-』が8月24日リリース

HOTOTOGISU ~滅せぬ者のあるべきか~

「つるみく」の新作アダルトゲーム『HOTOTOGISU -滅せぬもののあるべきか-』が8月24日にリリースされる。


本作は、政敵の策略で投獄された元総理大臣の息子・東雲和輝が、仮釈放の身から完全に自由になるため、人質にとられた妹のため、そして父を殺し自分を嵌めた連中への復讐のために、その野性と知性を兼ね備えた暴力的な魅力で女を従えつつ、自身を軽く見ていた連中をも屈服させていく…というアドベンチャーゲームだ。


ジャンルもそのもの“陵辱ADV”とあるように、主人公は敵の関係者や身内をそのテクニックと技で堕としめていく。箱入り娘として育てられた令嬢を、負けず嫌いでプライドの高い美女を、冷静沈着で正義感の強い女警察官を、自分の色に染めながら攻略し、奴隷に仕立て上げていく王道的な陵辱ADVである今作。最近流行りの“寝取られ”より弱肉強食の“寝取り”が一番!という人はチェックしてみてはいかがだろうか。ちなみに本作は同ブランドが6月にリリースした『姦白宣言』とリンクしている。前作をプレイした方にもオススメしたい一本だ。

ストーリー「お待たせしました―― 遅くなってすみません」
2年ぶりに出所した俺を、我が有能なる片腕はそんな面白くもない言葉で出迎えた。
「フン―― 相変わらずで何よりだ」 肩を竦めて答えつつも車に乗り込む。
元総理大臣である親父が他界してから、俺の人生は一変した。
実父殺害の容疑で逮捕され、挙句まったく身に覚えのない罪を次から次へと被せられ、気づけば雪だるま式に罪状が増えていた。
何回死刑になれば償えるのかもわからないほどだ。 身に覚えのある罪はいくらでもあるが、発覚したものなど一つもない。 ――つまり、濡れ衣である。
ちなみに当然ながら、俺は親父を殺していない。 すべては現総理大臣・高井田幸造率いる 『民権党』 の陰謀である。
こうして無事釈放されたのは、我が有能なる片腕の働きのおかげというわけだ。
もっとも、無条件で自由というわけでもない。 当面の間は高井田の息のかかった当局の捜査員の監視下におかれ、親父の地盤を引き継いで政界へ進出したり、取引内容を暴露したりしないよう約束させられている。
妹を実質人質に取ってまでという念の入りようである。
元総理大臣の息子である俺に許された生き方は、資産を食い潰しながらの細々とした生活だった。
無論、そんな退屈で窮屈な人生にこの身を捧げるつもりはない。
何よりこのまま連中の好きにさせていたら、ただでさえ利権と汚職に塗れて傾いているこの国は、知らない間に隣国のエサと成り果てるだろう。
俺は親父とは、決して良好な間柄ではなかった。 だが、その愛国心と鉄のような信念だけは少なからず尊敬していた。
親父のためなどとは言わないが―― 俺とてこのまま連中の好きにさせておくのは面白くない。 ここからは、俺のターンだ――。
「まずは何から手をつけますか?」
「そうだな―― まずは、死ぬところから始めようか」




HOTOTOGISU ~滅せぬ者のあるべきか~


タイトルHOTOTOGISU -滅せぬもののあるべきか-
ブランドつるみく
ジャンル陵辱ADV
発売日2012年8月24日
価格9,240円(税込)
スタッフ原画:桜島サロマ子
シナリオ:チャック雅、まこっちゃ
同梱特典店舗別に特典を予定



■関連サイト■
HOTOTOGISU ~滅せぬ者のあるべきか~ 公式サイト

タグ : つるみく 復讐系ゲーム 陵辱系ゲーム 調教系ゲーム 寝取り系ゲーム

【P R】
気に入った膣にいきなり中出しOKなリゾート島 3 ダウンロード販売
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
    ショッピングカートが使えるレンタルサーバー