カケメロ3 ダウンロード販売
TOP > アダルトゲーム > title - Yatagarasuの最新作『星彩のレゾナンス』が2013年1月25日リリース

Yatagarasuの最新作『星彩のレゾナンス』が2013年1月25日リリース

星彩のレゾナンス

PCゲームブランド「Yatagarasu」は、最新作『星彩のレゾナンス』を2013年1月25日にリリースする。


練り込まれたシステムでADVゲームの奥深さを示した前作「古色迷宮輪舞曲」に続く『星彩のレゾナンス』は、リアルタイム3Dマップバトルを搭載した「テンタクルロード」をさらに進化させたアクションゲームとなっている。


もちろん、ゲームパッドに対応し、すべての操作をパッドで行うことが可能。戦闘シーンもお手軽アクションで自在に痛快コンボが繰り出せる。


また、本編クリア後はストーリーモードとは別に、戦闘をメインとした“アーケードモード”が開放され、アクションをやり込むことが可能。最終的には約10キャラ以上ものキャラクターが使用可能になり、アナザーストーリーを楽しむことが出来る。


さらに、他メーカーとのコラボとして、3Dになった他社の人気キャラクターが登場するようだ。どのメーカーのキャラが操作できるのか、気になる人は今後の動きに注目してもらいたい。


ストーリー本土の南方に位置する織戸伏島 (おとふせじま)。
澄んだ海と緑豊かな自然に囲まれた観光地であるが、古くからの因習に縛られた離島でもあった。

遥か昔、空から降ってきた大きな火の玉は、三日三晩、島の森を焼き、島民たちも焼き尽くそうとした。
漁に出た男たちのいない間、島を守る女たちは炎を鎮め、火の玉が再び暴れないように封を施したと語り継がれる。
現在でも、封印の過程は祭として行われており、少女が二人、一対の “巫女” に選ばれ、封印の儀式を行う。

かつての巫女であった母親の消息を求め、高遠鼎 (たかとう かなえ) という一人の少女が、巫女を選出するという学園――崎曄女学園 (さきかじょがくえん) への転入届けを手に、織戸伏島へ辿り着く。

明るみに出る島の秘密――
祭事を司る松籟会 (しょうらいかい) という組織。
祭が近づくにつれ現れる、異形のモノ “穢れ” と呼ばれる存在。

巫女に選ばれるべく少女たちは一対の存在として、切磋琢磨し、絆を深め合っていく。
そして、二人の魂が共鳴する時、“穢れ” を祓う奇跡の力が宿る。

少女たちの恋と友情、そして魂を結ぶ絆の物語が―― 今、始まる。




星彩のレゾナンス


タイトル星彩のレゾナンス
ブランドYatagarasu
ジャンル学園伝奇ヒロインバトルアクション
発売日2013年1月25日
価格9,240円(税込)
スタッフ原画:TEL-O
シナリオ:madoca、西村悠一
音楽:Angel Note
アーティスト:tohko
同梱特典未定



■関連サイト■
星彩のレゾナンス 公式サイト

タグ : Yatagarasu アクション系ゲーム 伝奇系ゲーム バトルADV系ゲーム 学園系ゲーム 恋愛系ゲーム 変身ヒロイン系ゲーム 戦うヒロイン・女戦士系ゲーム

【P R】
気に入った膣にいきなり中出しOKなリゾート島 3 ダウンロード販売
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
    ショッピングカートが使えるレンタルサーバー